フリーキャッシングをおまとめに使う方法

フリーキャッシングは、おまとめローンとして使うことができます。フリーキャッシングを選択する際、限度額の大きなものを利用してみてください。また、金利の低いものを選択すれば、おまとめローンとして代用可能です。

【おまとめで気をつけたいこと】

 

フリーキャッシングを「おまとめの代わり」に使う場合は、総量規制の問題に気を付けなければなりません。

 

銀行ローンは対象外ですが、消費者金融や信販系のローンは、すべて総量規制の対象となります。このため「年収の3分の1以上の融資」は受けられなくなってしまうので、注意しましょう。

 

【おまとめに適したローン】

おまとめローとして最も使いやすいのは、銀行のカードローン商品です。銀行のカードローンは、そのほとんどがフリーキャッシングとして融資を行っています。事業資金として使うことはできませんが、自由な目的で活用できます。

 

銀行カードローンは、消費者金融や信販会社のカードローンと比べて金利が低く設定されています。このため、他社からの借り換えや、おまとめに最適な商品となっています。

 

銀行のローンは「審査が不安」という声も多いのですが、最近は消費者金融が保証会社として機能するなど、以前に比べて使いやすいものとなっています。実際に、フリーターの方や主婦の方も、その多くが銀行ローンを利用しています。

 

【銀行系カードローンの利用】

おまとめローンは銀行だけではありません。銀行の子会社でも、銀行同様、おまとめローンを扱っています(貸金業法に基づくまとめローンと呼ぶこともあります)。

 

消費者金融の場合、通常は貸金業法の規制を受けます。このため、年収の3分の1以上の融資は受けられなくなっています。しかし、借入負担を減らすという目的であれば、おまとめローンは、総量規制の対象外となるので注意が必要です。

 

三井住友銀行系カードローンのプロミスや、三菱東京UFJ銀行系列のアコムでは、おまとめや、借り換え専用のローンを取り扱っています。また、その他銀行系カードローンでも、おまとめ目的ということを申請すれば、総量規制で融資が受けられます。カードローン 借り換え おすすめローンの一つと言えます。

 

【法律的な手続きを進める前に】

月々の返済負担でお困りの方は、債務整理する前に、各金融機関に相談してみてください。最近では、司法書士や弁護士などを通じ、過払金請求など、法律的な手続きをされる方が増えてきています。

 

しかし(個人的には)法的な手段に出るのはお勧めしません。なぜなら、こうした行動を起こしてしまうと、最低5年から10年は、新たなカードの申し込みや発行ができなくなるからです……。

 

個人再生、自己破産等をされた方は、信用情報機関に事故情報が掲載されます。これらの記録が残ってしまうと、データが削除されるタイミングまで、新たなカードは取得できません。

 

信用情報機関によってデータの掲載期間は異なりますが、5年から最長10年は記録が残ります。特定調停なども含めて、法律的な手続きをされる方は、十分注意をしてください。

 

多重債務でお困りの方は、おまとめローンや借り換えローンを活用することで、問題が解決するかもしれません。法律的な相談をする前に、シミュレーションツールなどを使って、返済計画を立てなおしてみては、いかがでしょうか?

 

また、債務整理を行う前に、市役所や区役所の(債務に関する)無料相談などを上手に活用してください。

おまとめローン、賢く使うには?

【賢く使うポイント1:新たな借入を作らない】

せっかく、おまとめをしたのに、新しい借金を増やしてしまっては、何にもなりません……。借り換えやおまとめをした後は、完済できるその日まで、コツコツ返済を続ける必要があります。

 

すべての借入を完済すると、信用情報機関においても「返済能力のある人物」として、良いデータが残せます。こうしたデータを残しておけば、今後のカード契約、新規カードの発行にも「有利な条件」として働きます。

 

【賢く使うポイント2:短期間でサクッと返す】

金利の低いローンで借り換えをした後は、ダラダラと返済を長引かせてはいけません。できるだけ、短期間でサクッと返すようにしましょう。

 

返済期間が短くなれば、その分「返済総額」も少なくなるので、大きな節約へと繋がります。

 

【賢く使うポイント3:余裕があれば、増額返済を繰り返す】

ポイント2と共通するのですが、財布に余裕があれば、増額返済の回数を増やしてみましょう。一気に何十万円も増やす必要はありません。千円単位でも、増額返済の回数を増やせば「積極的に返済しようとしている」点が、カード会社や信用情報機関で高く評価されます。

 

【まとめ】
今回は、3 つのポイントを紹介しましたが、おまとめローンは「借入の負担を減らす」目的で利用する商品です。間違っても「借金の猶予を受ける」ローンではありません……。

 

今まで以上に余分な借入を増やさないよう、注意して使ってください。